富山ゴーレックス株式会社|住宅防水施工|お見積もり無料

一般住宅、ビル・マンション、屋上、ベランダ・バルコニーなどの防水施工は、防水のプロ 富山ゴーレックスにお任せください。

ホーム ≫ 防水工事の種類と特徴 ≫

防水工事の種類と特徴

工法選びの重要性

防水には多くの工法があり、建物の構造形状・屋上防水の種類や、使用用途などによって最適な工法を選択することが非常に重要です。

工法選びの重要性
  • 改修時においては、防水層を撤去するのか?
  • 既存の防水層の上からかぶせるのか?
  • なぜ、どこから雨漏りしているのか?
  • 人の歩行頻度はどのくらいか?
  • ベランダ・屋上の使用目的は?

など、建物の構造と状態や既存防水層の種類などによって、適切な防水工法を選定する必要があります。

塩化ビニールシート防水

塩ビシートの上塩ビシート防水で改修(被せ工法)

特徴

塩化ビニール樹脂を主原料としたシートを貼り付けて防水層を形成する工法です。
シートの裏面に接着剤を塗布して貼り付けていく工法と機械固定工法があります。溶剤溶着によりシートの接合部を一体化させ高い気密性を得る事ができます。
紫外線、熱などに対して優れた耐久性を持っていますおり、断熱材や、遮熱仕様のシートを使用すると断熱性能を高めることもできます。

メリット

屋外での日光による紫外線、熱、オゾンに対し優れた耐久性があり、耐用年数も長く補修も容易。機械的固定工法では、既存の防水層を撤去せずにその上から被せて施工することができ、下地調整もほとんどない為、改修工事に適しています。
絶縁工法の為膨れの心配もありません。シートは厚みが均一なので防水性能が保たれやすく、又下地が湿潤でも施工が可能な為、雨や雪の多い富山の気候に適した工法です。

デメリット

複雑な形状場所には不向きです。
工事の難易度が高く、きちんと施工できる業者が少ないのが現実です。

改質アスファルト防水

改質アスファルトシート貼付作業

特徴

マンション、ビルなどの広い屋上に使われることが多い施工方法です。粘着剤で貼り付けていく工法と、トーチバーナーと呼ばれるバーナーであぶり融かしながら貼り付けていく工法があり、貼り重ねることで防水性を高めます。
既存下地に密着させるために下地の処理が必要になります。ルーフィングだけでは対候性が劣るために防水層に保護のトップコートが必要となります。

メリット

一枚で防水が可能な為、新築時には工程が少なく比較的安価で施工が可能です。

デメリット

施工時に煙やアスファルト臭が発生します。定期的にトップコートの塗り替えが必要です。また、改修時には下地の処理が必要となります。

ウレタン塗膜防水

地下道屋根ウレタン

特徴

液体状のウレタン樹脂を塗り付けて、固まる(硬化する)事によって弾性でゴム状の防水層を作る工法です。
下地の種類や状態、使用される用途によって密着工法や通気緩衝工法などがあります。

メリット

複雑な形状をした場所でも継ぎ目のない防水膜を形成できます。

デメリット

下地の乾燥が不十分な状態で施工された場合や、下地の清掃不良、プライマー塗布量の過不足、補強布類の接着および押え不足などにより、膨れのトラブルがあります。また、ウレタン塗膜防水の膜厚が薄い部分は、紫外線や熱により早期劣化が生じやすく、地震や気温の変化による建物の伸縮から発生する下地の挙動に追従できずに、破れ・亀裂の原因となります。
ペンキを塗るような、薄っぺらい施工では長持ちしないため、所定の工程や材料の使用量をきちんと守り、なおかつ均等に塗布することが必要です。そのため施工業者の能力により防水性能が大きく変わります。

FRP防水

浴室FRP

特徴

FRPは繊維強化プラスチックの略称で、ガラス繊維などの補強材にポリエステル樹脂を塗布し硬化させて防水層を作る工法です。
プラスチック材料の中で耐衝撃性に強く、耐水性や成形性がよいところから、建物の防水材では木造住宅、成形品ではボート、自動車のボディパーツ、浄化槽、バスタブ、ヘルメットなど幅広く利用されてます。

メリット

他の防水材とは比較にならない程高硬度で、耐衝撃性・耐摩耗性に優れています。

デメリット

下地の湿気に非常に弱く、スラブにひび割れ追従性が少なく破断しやすいです。硬くて下地への接着力が強いので、特に広い面積となると地震などによる下地の動きに追従できず割れてしまうことがあります。
トップコートの定期的な塗り替えが必要となり、施工業者の能力やメンテナンスにより防水性能が大きく変わります。

ゴムシート防水

特徴

合成ゴム系のシート状の材料1枚で構成された防水層で、下地の亀裂にも強いという特徴があります。

メリット

一枚で防水が可能なため、工程が少なく安価で施工できます。

デメリット

接着工法では接着剤の劣化により剥がれが起きやすく、塩ビシートに比べて耐候性が劣り、防水層も薄く傷がつきやすい為、近年はあまり採用されなくなってきています。また防水層は非歩行用になります。また、改修時には下地の処理が必要です。

無料お見積もり・ご相談はこちら

富山県で防水のことなら

富山ゴーレックス
株式会社

富山県知事(般)第15799号

〒933-0076
富山県高岡市米島881-1

0766-24-1163
FAX 0766-24-2969

受付時間/8:00~20:00

会社概要

サブメニュー

モバイルサイト

富山ゴーレックス株式会社スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら